スポンサーリンク

2015年12月21日月曜日

WordPressのPHPバージョンを5.5に設定変更方法

新しい記事 以前の記事

WordPressで使われているphpというものがあります。

これにもバージョンがあるらしく、
現状私が利用させていただいているサーバーのバージョンは5.5ではなく5.2.17でした。

そして、
FastCgi版の使用が可能で、
変更が可能と記載がありました。

変更方法を備忘録として残しておきます。



具体的なディレクトリは、
最下部に記載しますが画像としての方が見やすいかと思い、
画像もUPしておきます。


まず、

php.cgiファイルを作成し内容に以下を記載します。



#!/bin/sh
exec /usr/local/php55/bin/php-cgi


次に、

.htaccessファイルを作成し内容に以下を記載します。



AddHandler fcgid-script .php
FCGIWrapper /home/domain/サイトのURL/php55/php.cgi .php
Options +ExecCGI
allow from all

サイトのURLには自分のサイトURLでhttp://を除いたものを記載します。


※おそらくローカル環境において.htaccessファイルは作成不可能かと思われるので、
FTPツールでサーバーにアップロード後にファイル名を変更します。

アップロードしてパーミッションを確認すると、
おそらく「644」になっているかと思います。

基本、このままで動作可能かと思われますが、
もし動作しなかった場合は、
パーミッションを「755」に変更してます。


アップロードするディレクトリは、


site/php55/
内の中です。

具体的には、

  • site.php55/.htaccess
  • site/php55/php.cgi


となります。

phpのバージョンの確認となるのか…。
phpのバージョン変更方法となるのか…。

具体的なタイトルが思いつかず
WordPressのPHPバージョンの設定変更方法とさせて頂きました。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...