スポンサーリンク

2015年12月7日月曜日

Windows10のフォント変更方法。汚い、見にくい

新しい記事 以前の記事

先日、
Windows10にアップグレードしましたが、
システムフォントが見にくい…。
汚いというかなんというか…。

Windows7の時の方がはっきり言って見易かったです。

Windows10には、
システムフォントを変更するところがないようなので、
フリーソフトを使うとシステムフォントやタイトルのフォントなど、
いくつかのフォントをカスタマイズ出来るようです。

ChromeやIEのフォントは設定可能なので、
それぞれで設定しました。


フリーソフトの名前は「Meiryo UIも大っきらい!!」

というものです。
Windowsカスタマイズシリーズ

インストール不要で実行可能です。
(ここが良い!!)


Meiryo UIも大っきらい!!を展開して、
その中にある【noMeiryoUI.exe】という実行ファイルをダブルクリックします。

すると、
以下の様な画面が立ち上がります。




変更可能な部分は画像にあるように、


  • すべてのフォント
  • タイトルバー
  • アイコン
  • パレットタイトル
  • ヒント
  • メッセージボックス
  • メニュー/選択項目


です。


多くの方はすべてのフォントを選択するのではないでしょうか。
私は、
メイリオが良かったのですが…。
メイリオですと幅が広いためメニューやサイトなどによってははみ出てしまったりします。
なので、
meiryoKe_Pゴシップというカスタマイズしたフォントを選びました。

作成方法は以下を参考にしてください。

WindowsでMactypeフォント、meiryoKeフォント、メイリオ


ゴシップ体と同等の幅のメイリオが出来上がります。
なので、
幅が広くてはみ出てしまったりすることがありません。
(おそらく…。)

Microsoftで今後システムフォントの変更可能な機能を、
備えてくるのかわかりませんが今のところ、
あまり無いように感じます。


標準で変更可能になるまで待つか、
それまでは上記フリーソフト【Meiryo UIも大っきらい!!】で、
フォントを変更するかです。


長時間パソコンをする際には、
やはり、
フォントは目の疲れなどに大きく影響します。


見易いに越したことはありません!!


Macと比べるとなぜこんなにWindowsはフォントに弱い?というか、
そうでもない感があるのでしょう…。

世界シェア1位なのに…。

他にもフリーソフトで【FontChanger】というものがあります。

Windows10 フォントが汚いので一発変更!の詳細情報 : Vector ソフトを探す!


こちらのフリーソフトは、

  • WindowsXPの頃のフォント
  • WindowsVista・Windows7の頃のフォント
  • Windows8の頃のフォント
  • Windows10の頃のフォント


のそれぞれのフォントに変更ができます。
以下画像参照


それぞれのOSの部分を、
クリックして変更することになります。

こちらのフリーソフトもインストール不要です。
展開して中の「FontChanger.exe」をダブルクリックで立ち上げて使用します。

両方ともインストール不要でアンインストールはフォルダ毎削除でOKです。

※このインストール不要というのが非常に良い。
レジストリを汚さないです。

私は、
上記の【Meiryo UIも大っきらい!!】を使用させて頂きました。

Windows10のシステムフォントに、
う~ん、いまいちだなぁ。
と感じている方は一度試してみる価値ありだと思います。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...