スポンサーリンク

2015年8月3日月曜日

ダイヤモンドキーパー(DiamondKeeper)レビュー&評価

新しい記事 以前の記事

先日、
知り合いのところでダイヤモンドキーパー(DiamondKeeper)という、
ガラス被膜をコーティングする洗車?コーティングを施行して頂きました。


ガラス被膜を生成するということで、
光沢はもちろん、
耐久性も5年間とのことです。

ただし、
半年ごとのメンテナンス必要のようです。

どうしてもという場合は、
3年後にメンテナンスのコースもあるようです。




光沢は、

上記の写真通り鏡面仕上げです!!



鏡見たいになっています。
濃紺色だから余計に鏡のように綺麗です!!


自分の顔が映ります。
Σ(・∀・;)


ガラス被膜なので、
化学式で言うとSiO2(二酸化ケイ素)ですが、
さらにその上にレジン被膜を形成することによって、
ウォータースポットや汚れを付きにくくし、
付いたとしても取りやすくされているようです。


はじめの頃のダイヤモンドキーパー(Diamond Keeper)は、

レジン被膜がなかったのか定かではありませんが、
撥水するためウォータースポットの形成がされやすかったように思います。
(ウル覚えです)


しかし、
数年前からそのレジン被膜の改良などにより、
ウォータースポットの形成もしにくくなり、
さらにされたとしても落としやすいようになった模様です。

また、
上記しましたが、
半年ごとのメンテナンスか3年後のメンテナンスにより、
表面のレジン被膜の再形成?により、
鏡面仕上げの艶が元に戻るというものらしいです。


たしかに、
そこら辺のコーティングなどより艶もあります。

昔のポリマーコーティングなんてもうできません!!


あとは、

ダブルダイヤモンドキーパー(ダブルDiamondKeeper)という、

ダイヤモンドキーパーを2層重ねるものもあります。


ダイヤモンドキーパー、ダブルダイヤモンドキーパー共に、
撥水性ですが、

アクアキーパーという親水性のものもあります。


個人的な意見ですが、


光沢をすぐに実感したい場合は、
ダイヤモンドキーパーorダブルダイヤモンドキーパーで、

洗車などの回数を減らしてそれなりの艶を維持したい場合は、
アクアキーパーが良いのではないかと思います。

アイタック技研メーカーHP
ダイヤモンドキーパー | キーパーコーティング | 商品・メニュー | 「キレイを、長く!」のカーコーティング "KeePer"


ちなみに…、

インターネットで最近はダイヤモンドキーパーの材料は購入可能です。

(Amazonやヤフオク)


ヤフオクサイトでは、
キーワードを、
ダイヤモンドキーパー」で検索するとレジンとセットで見つかります。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...