スポンサーリンク

2015年6月5日金曜日

ドライビングポジションは低いより高い方がやっぱり楽

新しい記事 以前の記事

かねてより、
現在の車になってからハンドルの重さや、
シートポジションに関していろいろと変えてみて試してきてみました。

(概ね5年目)(^_^;)

やっと、
しっくりくるハンドルの重さ・軽さと、
シートポジションに収まったように感じます。


今回は、
たったの1.5cmですが、
レカロ純正のシートレールで調整可能な一番高い部分にしました。



写真のように、

レカロ純正のシートレールの場合は3段階で調節が可能です。

(多くの方は知っていると思いますが…。)


これまでの、
変更・カスタマイズ歴をちょっとまとめてみると、





などなど、
あとは、
ステアリング交換。


長年で身体自体も変化したかもしれませんが、
今回最後にと考え、
わずか1.5cmですがネジ2本で簡単に調整可能なのでやってみることにしてみました。


そしたら、
やっとしっくりきて40Kmくらいしか走っていませんが、
身体の負荷が軽減されたように感じました。

ただ、
さらに長距離、長時間、渋滞中などはまだわかりませんが…。


でも、

一般的に視線は高い方が楽と言われています。



実際にそうです。
トラックの運転手が後ろについたりすると、
間近まで接近してきたりすると思います。


また、
高い車高の車に乗っても、
やはり見渡しが良く運転しやすいのも間違いありません。


なので、

低めの車高をこの間2.5cm上げて、

車高調整の方法でハンドルの重さと軽さを調整可能な簡易的方法
さらに今回シート自体を1.5cm上げてみました。


いまのところ、
ぴったりフィットな感じです。


シートポジションなどでお困り・悩んでいる方は、
できるだけ高めにしてみると良いのではないでしょうか。

参考まで)
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...