スポンサーリンク

2015年5月26日火曜日

不眠症に新薬ベルソムラという睡眠薬の副作用

新しい記事 以前の記事

副神経麻痺・長胸神経麻痺による、
萎縮痛や違和感によって不眠症になってしまいました。

そこで、
昨年11月26日に承認されたベルソラムという薬が処方されました。

なにせ背中の肩甲骨が翼状肩甲になる為、
横になっても、
背中の肩甲骨が当たって素直に横になれないのです。


なので、
なかなか眠りにつけず…。


そんな状況で一般的な睡眠導入剤(睡眠薬)で、

ベンゾジアセピン系が処方されていました。



はじめの頃は何かをしていてもいつの間にか眠っていた…。
なんてこともありました。

ですが耐性ができたのか昨今では眠くなるどころか、
萎縮痛などの違和感が軽くなって動けてしまうくらいになってしまい、

今回新薬であるベルソラムという、

これまでとは違う機序の睡眠導入剤が処方されました。


オレキシン受容体阻害薬らしいのですが、
オレキシンという酵素は、
眠り病と言われるナルコレプシーの場合少ないと言われているようです。


なので、
ナルコレプシー様症状などの副作用が考えられるようです。

若干不安ですが、
これまでのベンゾジアセピン系の睡眠導入剤・睡眠薬に、
耐性ができてしまった以上機序の異なる薬を…。


と考えるのも一理あります。


認可から1年間は2週間分しか処方できないようで、

処方は2週間分ですが、
飲んでみてどうなのかで次回の処方を考えていただきたいものです。


人体実験だけは嫌です。


しかし、
検索してみると医師である方のブログなどに、
自分自身で飲んで(内服して)みての評価や感想などもありました。


そういう記事を拝見すると少し安心した気分になりはしますが…。
やはり、
新しいものは少し不安があるのは確かです。


ベルソラムの副作用・特徴としては、

依存性、習慣性がない、もしくは少ないということらしいのです。

まだ定かではないようですが…。


私が一度飲んでみての感想としましては、
副作用に悪夢を見やすいとどこかのサイトに記載されていましたが、
その通りなように感じました。


1回しか飲んでないので今後も様子を見ながら内服していこうと思っていますが、
たしかに変な夢・悪夢的な夢は見ました。


故に、

夢の中でちょっと苦しんでいました。


しかし、
世界に先駆けて日本が一番早く承認された薬のようです。


不眠症や入眠障害、中途覚醒などの方々の、
助けになるベルソラムであると良いと願っています。


追記)


私は、
3回程飲みましたが1回目は悪夢で2回目はそんなに眠れず、
3回目は翌日起きた時に若干ろれつが回りにくかったです。

それと、
なんとなぁく数日間ほわぁ~んとした感じがありました。

結局、
ベンゾジアセピン系に戻してもらいました。

発売後1年経ってから相談しながら、
また検討してみたいとおもいます。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...