スポンサーリンク

2015年4月23日木曜日

関節唇損傷・SLAP損傷。関節内視鏡下手術するしかない!?

新しい記事 以前の記事

3年半前には、
腱板疎部損傷と言われたのに…。


先日MRIを撮ったら今度は、
関節唇損傷SLAP損傷)と言われました。


2011年にも撮っていますが…。


と言ったところ、
先生はそのMRIと比較してくれましたが、

2011年に撮ったMRIの時にも関節唇損傷の所見があるなぁ。


とのこと。


おいおい(゜-゜;)ヾ(-_-;) オイオイ...




頼むよぉ!!


いったいこの約4年近くも腱板疎部損傷だと思って、

通院して毎回のように鎮痛剤もらって…。


しかも、
手術・オペすると半年はかかるとか言われて、
抗生剤のチャレンジテストもしたのに…。



同じ所見があるって…。
3年半前に見つけてくれよぉ。



セカンドオピニオンしたくなっちゃうよぉ。

実際セカンドオピニオンはありだと思います。


それに、
肩の手術件数を聞いたらそんなにないよのこと。

余計に不安になる…。



それなら、

症例の多い病院で手術したいと思うのは患者の普通の気持ちかと…。


また、
近くにプロ野球選手も時折くる整形外科があるので、
そちらに伺ってみようかととも思っています。

ただ、
整形外科単科の病院なんですよね…。

私の場合、
抗生剤の副作用の心配があるからちょっと不安があります。

もしかしたら、

大学病院とか総合病院とかに紹介されるかもしれない…。


(´Д`)ハァ…


この4年近くはなんだったんだろう。

まぁ、
手術するか否かは、
まだわかりませんが…。

まだセカンドオピニオンの前ですし…。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...