スポンサーリンク

2015年3月23日月曜日

圏央道久喜白岡JCTから境古河インターまで3月29日開通

新しい記事 以前の記事

関東一円に3つの環状線があります。

そのひとつである圏央道の、
久喜白岡ジャンクション(JCT)から境古河インターチェンジ(IC)間の、
19.6Kmが3月29日の来週日曜日15時に開通予定です。

やっと、
圏央道が環状化してきました。


が、
肝心の、

久喜白岡ジャンクション(JCT)から桶川北本インターチェンジ(IC)までの区間が、

まだ開通していません。

一応、
2015年度(平成27年度内)開通予定となっています。
開通予定年度一覧|開通予定区間|高速道路ご利用の方|NEXCO 東日本

この部分が、
開通してくれれば、
関東一円の環状線が東北道まで高速で繋がることになります。


NEXCO東日本によると、

都内の首都高速の交通量の約6割は通り過ぎるだけとのことです。



上記区間が開通すれば、
東名高速-中央自動車道-関越道-東北道と、

すべてが高速道路で繋がります。



  • 関越道で新潟方面・長野方面、
  • 東北道で栃木・福島・山形方面、

へ通行する車は、
首都高速を通らなくてもよりスムーズに行けることになります。


そのことにより、

通り抜けるだけの約6割の車の交通量による首都高速の慢性的な渋滞が、

緩和されることが期待されます。

3月39日に、
久喜白岡ジャンクション(JCT)から境古河インター(IC)は開通しますが、
途中の肝心なところがもう少しで開通予定です。
(2015年度内:平成27年度以内)


ここが開通するとより一層便利で、
快適な交通(交通網)が完成されてきますね。


できる限り早い開通を臨みたいですね。


さらには、

その先に常磐自動車道もあります。



常磐自動車道まで開通したら、
福島県いわき市など浜通りと言われる方面への交通も、
より快適で便利になっていきますね。


ただ、
今回3月29日に開通予定の、

久喜白岡ジャンクション(JCT)-境古河インター(IC)間は19.6Km内に、


  • 幸手インター(IC)
  • 五霞インター(IC)
  • 境古河インター(IC)


と、
わずか20Km弱の間に3つもインターがあります。

地元の人にとっては、
便利かもしれませんね。

でも、
単純計算で20÷3=6.67なので、
たったの7Km弱でインター(IC)があることになります。


これは果たして良いことなのかな…。


東名、中央、関越、東北道など放射状に伸びる高速道路と、

それをつなぐ3つの円になった環状道路が計画されたのは40年も前…。

かなりの時間が経っていますね。


東日本大震災の時東北自動車道が壊れてしまった際には、
たったの3日間で補修・修繕が可能だったのに…。

(まぁ、すでに開通済みの高速で土地の買収などは問題ない状況かつ災害支援の為に早急な対応が必要でしたが)


渋滞は、

経済にも環境にも心身的にも良くないので、
本当に全線開通がこころ待ちになりますね。

そして、
※物流の効率化と災害時の交通網の確保の期待もありますね。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...