スポンサーリンク

2015年3月8日日曜日

バイザー取り付け、おすすめ超強力両面テープにて

新しい記事 以前の記事

ドアバイザーをずぅーっとどうしようか迷っていました。

純正だと2万円もしてしまう為、
というのと、
あとどのくらい今の車に乗り続けるかなぁ。

という2点があったからです。


そこで、
ヤフオクでたまたま部品取り車からの取り外し品で中古になりますが、
左右前後のすべてのドアバイザーが安く購入することが出来ました。


さぁ、
あとは、

取り付けるだけです。



が、
その前にこれまでに取り付けていたドアバイザーなので、
両面テープが残っています。


この残っている両面テープを綺麗に剥がしてからでないと、
新しい両面テープがうまくつきません。


また、
無理やり付けたとしても、

すぐに外れてしまう可能性もあります。


今回どの両面テープにするかを一番悩んだのですが、
3候補ありました。

1つは3Mのハイタック両面テープ 9716




もう1つは、

エーモンの【1722】超強力両面テープ




もう1つは、

3M 強力両面テープ 自動車外装用




値段と量からして大差はないのですが、

  • 1番上の3M製が厚さ1.6mm、
  • エーモンが暑さ1mm、
  • 1番下の3M製が厚さ0.8mm


車体との隙間ができるだけない方が望ましいので、
3Mの強力両面テープ自動車外装用にしました。


ただし、
1本の長さが1.5mなので合計4本買いました。


※両面テープだけでも結構値が張ってしまいました(^_^;)


しかも、

張り付いている両面テープを剥がすのに、

5時間近く…。


そして、
若干ドアバイザーの塗装を傷つけてしまいました…。


はじめは、
両面テープは車体側には付いていない状態だから、
そんなに時間はかからないだろうと思っていました。


自分の身体のことを考えてもそう思っていました。







  • パーツクリーナー
  • アルコール綿


がなければ、
絶対に今の私には両面テープすら剥がすことは出来なかったです。


車(自動車)関係で、

強力な両面テープを剥がすのには、
上記2つは必須です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
どうしてもなければ、
どちらかでも時間がかかりますが可能かと思われます。

これでやっと雨の日も換気ができます。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...