スポンサーリンク

2015年3月19日木曜日

副神経麻痺、長胸神経麻痺による萎縮が原因で痛いのか

新しい記事 以前の記事

このところ、
数週間…。
いや、
数ヶ月やけに左の肩下部から腰あたりにかけて痛みがあります。


なぜかという、
おおむね見当はついているのですが…。

しかし、
やけに痛むことが多くなってきています。


原因というのは、

以前にも投稿しました副神経麻痺、
副神経麻痺
及び長胸神経断裂による前鋸筋萎縮、
右手がシビれる。そして動かしにくい…。歩きにくく膝も痛い…。


が関与した筋萎縮によるものだと思われます。


そして、
鎮痛剤を内服してしまう…。

また、
筋弛緩剤では効かないためちょっと強めの睡眠導入剤を内服してしまう…。


本当に薬なんか飲みたくないのですが、
飲まないことにはどうしようもありません。


萎縮痛がこんなにも痛いのか…。

と末梢神経断裂時に経験したカウザルギー痛よりはマシですが、
とにかく、

ずぅっと突っ張って痛みます。


痛み自体は、
鎮痛剤などで多少緩和されますが、
根本的な解決には全くなりません。


それが一番の悩みでもあります。


そして、
知らないうちに動かない部分をかばって、
身体の他の箇所にも負担がかかってきます。


医師は、
関係ないと言われる方が多いですが、

それは間違いだと患者として経験者として実感しています。


なぜなら、
実際そうなってきているからです。


萎縮と支配筋の随意運動ができないのは確認済みなのに、

無関係とは言い切れないと思います。


なぜ、
医師は専門バカみたいになってしまうのでしょう…。


患者側からすると、

とてもつらくむず痒く悲しいです。


全体的に診て、

総合的に判断・診断できる医師がいても良いと思います。



たしかに、
専門性は必要なことかと思われますが、
町医者や少し大きめの病院程度で、
私の専門は関節なので…。

とか、

しかも、
関節にもいっぱいありますが、
その中で肘が専門のなので…。

とかってあり得ない…。


医師である以上もう少し全体的に、
せめて、
自分の所属する医局(科)に関することくらいは、

もっと自信を持って診察・診断をしてもらいたいものです。



ホルモン(内分泌)関係の専門の医師にそこまで求めてはいません。

整形なら、

骨はもちろん、
筋肉・靱帯・関節・軟部組織くらいは診てもらいたいものです。


それにしても、
ここ最近萎縮痛なのか背中が痛みます。

寝られないくらい痛いです。


背中の痛みで、
(背部痛)

他に代表的な疾患には、


  • 心筋梗塞
  • 狭心症
  • 腎結石
  • 膵臓腫瘍
  • 脾臓炎


など、

後腹膜腔内・もしくはその近辺の臓器の疾患も疑われますが、
その疾患の兆候はありません。


悔しいくらい最近痛み始めます。

マッサージやら鍼治療やら整体やら、

以前みたいに行けないから、
筋肉がほぐれずより痛みが出てきているのかとも思ったりします。


萎縮痛で苦労されている方がいらっしゃいましたら、
どのように対処しているのか教えて頂きたいものです…。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...