スポンサーリンク

2015年3月15日日曜日

噛み合わせが原因か?歯間によく食べ物が詰るオススメ歯間ブラシ

新しい記事 以前の記事

昨年ではなく、
もうすでに一昨年からになりますが
噛みあわせ治療をしてきました。


結果としては、
イマイチな微妙な治療結果になってしまいました。

その影響か徐々に、
歯間が広くなってきて良く食べ物が挟まったり詰まったりしてしまいます。


歯間ブラシや歯間用のフロスがありますが、

これまで私が使用してきた一番のオススメの歯間フロスを紹介したいと思います。



ジョンソン・エンド・ジョンソンの、
ワックス付き歯間フロスです。



この商品の良いところは、


通常の歯間フロスにはワックスが付いていないのですが、
ワックスが付いていることで、
比較的歯間にスムーズに入り込むのと同時に、
歯間からフロスを取り出す際にもスムーズにひっかかりにくく取れることです。


ひっかりにくいことによって、
詰めたものが取れにくくなります。

レジン充填や、
クラウンの被せ物です。


下手な歯科医院の詰め物ですと、
歯間の間が開きすぎたり狭すぎたり…。


はたまた、

歯間部分に段差があり上記のようにフロスの際にひっかかってしまいます。


それによって、
被せ物やレジン充填した部分が取れてしまうことがあります。


そうなった場合、
神経のある歯だったら痛いし滲みるし最悪です。


その点、

上記のジョンソン・エンド・ジョンソンのワックス付きデンタルフロスは、

若干ひっかかりますが、
ワックスが付いているお陰でワックス無しのフロスより、

スムーズに歯間清掃が行えます。

そして、
レジン充填部分やクラウンなどの被せ物部分が取れにくくなります。


実際、

私が使い始めてから一度も取れていません。


歯間のケアに本当にオススメです。




※歯間のケアにお悩みの方は一度試してみてはいかかがでしょう。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...