スポンサーリンク

2015年2月8日日曜日

テールランプをLED化。が暗かったので他のT20のLEDに交換

新しい記事 以前の記事

えー、
毎度です。


昨今LEDにこだわっている昨今です。
テールランプのバルブサイズは、
多くの車種でT20というサイズが使用されています。


例外なく私の車もテールランプのバルブサイズは、
T20です。


今回は、

某ショップで一番安い初期のLEDタイプの砲弾型のものを、

24発接続されているものを使用しました。


しかも、
テールランプって赤なのになぜか白を選んでしまいました。
(・・;)


参考写真(これです)





テールランプの樹脂が、

赤く塗られているから大丈夫だろうという安易な考えからです。



まぁ、
もちろん赤っぽくはなりますが…。


朱色っぽい感じになります。
(なりました。)

そして、
LEDの初期のタイプ(砲弾型)なので、
拡散性もなく若干暗く感じました。


しかし、
最近流行りの、


  • 面発光タイプのLEDだったり、
  • SMDを何個も繋げてあったりするタイプだったり、


すると…。

私の車種の場合は、
テールランプ内のクリアランス(LED球の入れる空間幅)が、
そんなになく…。


いくつも接続されているものはテールランプ内に収まりません。


なので、
しょうがなく3チップ内蔵タイプのSMDが13個あって、
(計26個分)

なおかつ、
純正のT20バルブと同じくらいの長さのものに変更しました。



上記で学習し、

色はもちろん赤色のLEDを選択しました。



選んだT20サイズのテールランプLEDは以下の様なものです。



もちろん、
テールランプとブレーキランプが一緒なので、
タイプはシングルではなくダブルタイプです。

若干、
はじめの砲弾タイプより消費ワット数は上がりますが、
それでもLEDです。


いっても5W程度です。
(これはおそらく3Wくらいかと思われます。)


ここ間違えると、

夜間ライト点灯時にブレーキを踏んでもより明るくなりません。



他にも、
T20サイズのLEDは以下のようにいろいろな種類があります。














但し、
テールランプ内のクリアランス(空間幅)が、

充分にあることを確認して大きさ?長さの物を選びましょう。





今度は、
見事成功しました!!
明るくなったし、
発色も綺麗になりました。


※車種によっても異なりますが気をつけましょう。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...