スポンサーリンク

2015年2月13日金曜日

フォグLED化にヴァレンティ製ジュエルフォグバルブLDJ11

新しい記事 以前の記事

今回は、
車の光物類すべてLED化計画の、
フォグランプのLED化です。


使ったLEDフォグランプバルブは、
ヴァレンティ製のJEWEL LED FOG BULB(LDJ11)です。




実店舗にて、
かなり値引いてもらいました。
(*゜.゜)ゞ

ありがたいm(._.*)mペコッ。



私の車の場合、

バンパーを外さなくてはフォグランプの交換ができません。



なので、
まずはバンパーを外しました。
(グレードによっては外さなくても交換可能です。)


こんな感じです。



左側は、
ナンバープレートとフォグランプの間から、
手を突っ込めばバルブに手が届きますが、

右側はどうあがいても無理なのでバンパーを外さなくてはなりません。



そして、
上記ヴァレンティ製のLEDフォグランプを、
車両側のコネクタと接続します。





その後、

LEDバルブドライバーを車両側の開いているスペースに、

タイラップで固定します。
(サービスホールがあればなお良いですが、
なければ接触しない所に固定します。)


ちなみに、
中身は以下のようになって入っています。
HB3にも対応しているようです。
(付属のOリングをハメ変えることにより。)





また、

取り付ける際に注意なのですが、

車両側のリフレクターの向きを確認して、
リフレクターとLEDフォグの照射面が重ならないようにしなくてはなりません。


でないと、
綺麗な発行状態になりません。


また、
上下に発光部分を向けて取付けてしまうと、
特に上部分がハイビームみたいになり対向車に迷惑をかけてしまいます。


付属のレンチでイモネジ部分を、

緩めて自分の車のフォグランプの、
リフレクターを確認しながら照射面を合わせて取付けます。


これに、
少々時間がかかってしまいました。
(汗)



バンパーを取り付ける前に点灯確認をもう一度します。

あとは、
バンパーを元に戻して再度点灯確認をします。




(バンパー戻しもちょっと手こずりました(汗)…。)



写真だと、

メーカーの表記通りかなり鮮烈な閃光ですが、

実際はここまで明るい感じではないです。


元々フォグランプのバルブは、
純正からPIAAの物に替えていたので、
実用性にはほとかかない状態でしたが、

省エネ化で省燃費にする為に、

車の光物類は、
できる限りLEDにしようということでフォグランプもLED化しました。


両サイド合わせて消費電力は20W程度です。


また、
フォグランプをLEDに替えた後に、
少し走ってみました。


そしたら、
ODB2接続で燃料流量を確認できるので、
確認したところ、

おおよそ【2ml/min】少なくなっていました。



  • ライト点灯時でも、
  • ライト未点灯時でも、

同じく、

【2ml/min】程度燃料流量が少なくなりました。



やはり、
ヘッドライト部分の電力消費量は、

車にとって一番の消費部分なので効果があったのかと思われます。



より省燃費車にしていきたいと思います。



あとは、

  • カーテシランプ、
  • ハイビーム、

くらいしか、
LED化する部分が残っていませんが…。


※できる限りLED化していくつもりです。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...