スポンサーリンク

2015年2月9日月曜日

ハイフラ現象でウィンカー球LED化失敗…。

新しい記事 以前の記事

ほんとに、
ここのところ、
LED化のネタばかりですが…。


今回は、
ウィンカーのバルブ球をLEDにしました。



が、
点くことは点くのですが、
カチカチというウィンカーの点滅速度が著しく速い。
(汗)


これは、

純正であればウィンカー級が切れてますよぉ。

的な車からの合図・サインなのですが、
LEDもちゃんと点灯しているし切れてない…。


なぜ?
って、
超ド素人が頭のなかに?マークが浮かびました。


よぉく考えれば、
LEDは省電力です!!


ということは、
消費電力も少ない=W(ワット数)が少ない。


なので、
ウィンカーリレーがバルブが切れました。
と判断しユーザーに、

ハイフラ現象にて教えてくれているということに、

若干のタイムラグ後に気づきました。
(数秒後)


あちゃぁ

という感じです。



ちなみに、

ハイフラ現象とは、


近年、車のウィンカー(ターンシグナルランプ)を純正のバルブ(電球)からLEDバルブに交換するライトチューン(改造)が静かなブームになっています。消費電力の大きいバルブからLEDバルブに交換すると、通常の点滅状態と異なったせわしなく点滅する現象が発生します。この状態をハイフラッシャー(略して、ハイフラ)といいます。

引用元:http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/led/qa/high-flasher.html


まぁ、
一応このままでも走るのには問題ないのですが、
周りの人が、
あの車、ウィンカーやけに速いなぁ。
と思われるの必至です。


そして、
何より車検に通りません。


なので、
急遽LEDを取り外して、

ハイフラ対策をしてから、
再度ウィンカーのLED化に挑戦することにしました。


ハイフラ対策には2つあります。



  1. ウィンカーリレーをハイフラ対策用のものに交換する。
  2. ウィンカーの配線部分に抵抗をつける。



ただ、
抵抗を付けてハイフラ対策をする場合、
抵抗自体が熱を持ちます。


熱対策も必要になります。


そして何より、

省エネ化のLEDにした意味がなくなってしまいます。


なので、
私はウィンカーリレーを、

ハイフラ対策用のものに交換して対応しようと思っています。



以下の様なものです。





車種(メーカー)によって、
3ピンの物と8ピンの物があるので注意です。

※まずは自分の車のウィンカーリレーが3ピンか8ピンか確認しましょう。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...