スポンサーリンク

2015年1月31日土曜日

キーシリンダーLED化方法と狭い所でも回せるラチェットレンチ

新しい記事 以前の記事

多くの車の場合、
キーシリンダー部分に夜間でもキーの差し込み位置が、
分かるように照明が付いています。


その照明に使われているのは、
最近の車種の除き多くの場合は電球です。


電球ですとワット数を食うのと、
長寿命ではありません。


そこで、

以前に続きキーシリンダー照明もLED化することにしました。



と言っても、
方法はとっても簡単です。


車にもよりますが、
ほとんどの場合はネジ1本か数本で、
キーシリンダーのカバー部分が固定されているだけです。


以下画像参照



ただ、
ここのネジを緩めるのには、
ドライバーを入れるスペース/クリアランスが殆ど無く、
ハンドル下のアンダーカバーを外さなければなりません。

それでは、
少々面倒くさいので、
狭い所に届く・狭い所でも回せるラチェットというものがあります。

ANEX(アネックス)のNO425という型番のものです。



これは、
21mmと短いので狭い所にも入り込ませることができ、
かつ、
回せます。


ひとつあると他の狭い場所などにも応用可能なので、
とても便利です。


※普通のラチェットだとまず入りません。


上記写真のネジの部分を緩めます。


緩めた後に、

キーシリンダーのカバーを外します。


外すと以下のように、
ムギ球が露出します。





そのムギ球を手で引っこ抜きます。

※点灯時間が長いと熱いので注意です。



抜いた後、

ここにT5サイズのLEDを極性を確かめて差し込みます。


すると、
以下のようになります。



明らかに光量が違います。


その後は、

外したカバー類を元に戻して完成です。


完成後です。





※きれいな青に発光してくれました。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...