スポンサーリンク

2014年12月21日日曜日

ワコーズQRクイックリフレッシュを使ってみたレビュー・評価

新しい記事 以前の記事

車関係のケミカル商品に定番のあるワコーズ!!

これまでも、

  • エンジンオイル(4CTS)、
  • ATF、
  • フューエルワン、
  • プレミアムパワー、
  • エンジン内部急速洗浄剤(RECS)、
  • その他添加剤、(PATS、AT-プラス)

など、
いくつか使用してきました。


今回は、
エンジンオイル交換と一緒に、

ワコーズQR(クイックリフレッシュ)エンジン機能回復剤を、

使用しました。





なにせ、
既に20万キロ超えの過走行車に間違いはないのですが、
流石トヨタ車!!


そこまで不調は今のところありません。


もちろん、

日頃のメンテナンスは欠かしません!!


私は、
基本的に添加剤系はあまり好んで使用しません。
(でした。)


ですが、

WAKO'Sに出会ってからは若干価値観が変わってきました。


他のメーカーでも、
良いものはあるかと思いますが、
Made in Japanだし、
定評のあるワコーズ製品をここ数年愛用しています。


クイックリフレッシュは、
ちょっと高いのですが、
これまでに一度だけ入れたことはあります。


その際は、
エンジンオイル交換時ではなく、
少し走行後にエンジンオイル投入口から入れました。


そのせいかその当時は効果の程が今一な感じでした。
クイックリフレッシュは、

非ニュートン流体化しエンジンが回転しても、

回転部分に吸い付くようにオイルが皮膜を形成します。


そして、

摩耗した金属類の隙間を埋めて、
トルクアップ燃費アップに繋がるという優れものです。

しかも、
オイルの粘度が硬くなるわけではありません。



同じような謳い文句のエンジンオイルに、

BE-UP製品のエンジンオイルがあります。



今の車の前に、
こちらのエンジンオイルとATFも使用したことがあります。



また、
非ニュートン性能を持たせる為の、

BE-UPの添加剤も発売されています。




※今はこちらがメインなのかもしれません。



確かに、

伸びも違いスムーズな加速とトルクを感じる事が出来ました。


しかし、
オイルそのものが高かった・・・。

しかし、
一度交換すれば商品のグレードによりますが、

1万キロ無交換でOKというシロモノでした。



それを考えると費用対効果は良いと言えます。


でも、
車弄りが好きな方は、

いろいろな物を試してみたい衝動にかられたりもしてしまいます。



私もそのひとりです。
(^_^;)


BE-UP製品は、
オートウェーブというカー用品ショップの、
オイル館で(しか)手に入れることができます。


しかし、
リーマンショック以降何店舗か閉鎖してしまい、
近くになくなってしまったので、

信頼性もあるワコーズ製品を愛用しています。



今回は、
クイックリフレッシュを説明書通りエンジンオイル交換時に、
しっかりと混ぜてからエンジン内に投入しました。


エンジンオイルは、
ずっと同じ4CTSです。






同じエンジンオイルですが、

クイックリフレッシュを入れた場合、
確かに違う!!


しっかりとシリンダー間が密閉されて、
トルクがアップしているのがすぐに体感出来ました。


また、
吹け上がりもこれまでよりスムーズになりました。


燃費もこのままの状態であれば良くなることが予想されます。



5%でもイイ!!
できれば、
10%くらいの燃費改善を期待したい所です。



過走行車には、

まさに奇跡的な商品だと思います。







ただ…。
ワコーズ製品は、
オイル交換する毎に必要になってくるのがネックな部分です。


※それ以外は全く申し分ないです。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...