スポンサーリンク

2014年11月4日火曜日

スロットルバルブクリーナーの洗浄レビュー&評価そして効果

新しい記事 以前の記事

先日、
車のメンテナンスの1つである、
スロットルバルブ洗浄をするのに、
どのメーカーのどの洗浄剤を使用するか悩んでいました。
スロットルバルブクリーナーで洗浄してアイドリング安定化+燃費改善



ですが、
これまでに使用したことのあるものではなく、
ワコーズのスロットルバルブ洗浄の特化した、

スロットルバルブクリーナーを使用してみることにしました。






短絡的な理由ですが、
これまで使用したことのないもので、

違いがあるか否かを知りたかっただけです。



今思えば、
昨年の7月にも洗浄していました。
スロットルバルブ洗浄で燃費改善



今回、
エアダクトを外してみて表側から覗いてみたところ、
う~ん、
多少は汚れているが、
そこまででもない…。


でも、

購入したからには実施してみるべし!!



表面側のみでは、
そこまで汚れを確認できませんでしたが、
裏側は結構汚れていました。
(^_^;)



スロットルバルブクリーナーに付属のブラシで、
スロットルバルブクリーナーを噴射後、
5分~10分放置して汚れが浮いてくるのを待ちました。



しかしっ、
以前のエンジンコンディショナーより、



汚れが流れでてこない…。




そこで、

スロットルバルブクリーナーに付属のブラシで、

優しく擦ってみると…。


w(゚ー゚;)wワオッ!!


これまでは、
クリーナー任せで流れ出てくるのを待ってましたが、
優しく擦ってみるだけで、

黒い汚れが意外と付いていました。


あとは、

サージタンクの方にも届くように、
スロットルバルブを開いた状態で奥の方まで噴射しました。




そして、
スロットルバルブの裏側と、

上下部分をブラシで優しく擦りました。



これ結構重要でした!!




説明書には、
1本使い切りとの記載があったので、
少しづつ噴射して汚れを少しづつ擦ったり放置してみたり、
しながら洗浄しました。



そんなに汚れていない模様かと思っていたので、

白煙はそれ程出ないのでは?


と思っていましたが、
エアダクトを付けてからのレーシングでは、

見事に白煙が出ました。




これまでのエンジンコンディショナーなどは、

泡状なので、
スロットルバルブなどには粘着的に付着して、
よく汚れを落としてくれていたのだと思います。


エンジンコンディショナーの方が、
汚れを落とす力は強いと思われます。

しかし、
車種によってはスロットルバルブに、
モリブテンなどが施されているものもあるので注意が必要です!!



ですが、
スロットルバルブクリーナーには、

専用のブラシが付いていることで、


  • スロットルバルブの裏側と、
  • スロットルバルブの上下部分に付着した、
  • カーボン、ワニス、スラッジetc、

の汚れを擦って、
落とすことが出来たのだと思います。



洗浄後は、

アイドリングが100回転程度アップしました。



まぁ、

効果があったということですね!!


あとは、
再学習させるのですが、
再学習させても…。


アイドリングが100回転アップのまま…。


ちょっと、
このままでは燃費がよろしくないと思われるので、
スロットルバルブ関係のコネクタ3つを外して、

90秒後に再度コネクタを装着してリセットしました。



バッテリーを外してでも、
リセット・再学習は可能ですが、
その他の電装品(ナビの設定など)も、
すべてリセットされるので、
スロットルバルブ関係のリセットのみであれば、
スロットルバルブ周辺に付いているコネクタを外すことで、
スロットルバルブのみのリセットが可能です。


それでもダメなら…。

※バッテリーを外してみましょう。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...