スポンサーリンク

2014年10月30日木曜日

エコキュート浴槽リモコン取付け位置変更で快適入浴!!

新しい記事 以前の記事

昨日、
エコキュートの浴槽内リモコンの、
取り付け位置を変更しました。
エコキュート浴槽リモコン位置バスポンドQで取り外し・取付け移動


ここ数年間、
この浴槽内のリモコンの位置により、
(リモコンが頭に当たって邪魔で)
湯船・浴槽内に入るのを躊躇していました。



何より、
それによって、
湯船・浴槽内でくつろごうとゆったり足を伸ばして入ろうとすると、
後頭部分が、

リモコンに当たり頭が前のめりになる状態でした。




後頭部の付け根・首の付根部分を、
浴槽の角によっこらしょと載せて首を伸ばせないのが、

私にとってはとてつもない苦痛でした。



前回の記事で、

リモコンの取り外し・取り付け方法については、

文字で記載しましたが、
具体的な写真は載せませんでした。


※実際に入ってみてどうかを確認したかった為。



具体的な写真は以下です。


まず、

リモコンを外した状態です。





裏側には、

丸い穴が開いていて、
そこからリモコンの信号線がきています。





この信号線が外れないように慎重に、

リモコン本体をゆっくり引っ張って外します。



そして、
ネジ穴の位置を決めて、
ドリルがないので、

キリやマイナスドライバー、カッターの角などでネジ穴を開けました。



ネジがタッピングネジなので、
ある程度の穴であとはネジ自体の締め付けで穴を開けます。




その後、
ネジでリモコンを固定して、
リモコンのカバーを付けます。



バスポンドQに付属している、



マスキングテープでマスキングしコーキング剤(バスポンドQ)を、

塗りこみます。






付属のヘラで均一にならします。



すぐに、
マスキングテープを剥がして、
18時間程度硬化するまで待ちました。


※硬化時間については以前の記事参照。



本日、
無事浴槽にお湯を貯めて入浴した所、
後頭部分が当たることなく、
ゆっくりと入浴出来ました。



欲を言うと、

※もう少し上にしたい…。



けれど、
しばらくこれで様子見してみて芳しくなければ、
再度施工し直せる時にしてみようと思っています。


まぁ、どうでもいいことですが、
とりあえず記事にしちゃいました(汗)。



今後、
エコキュートなどで、

浴槽内にリモコン設置する予定のある方の参考になればと…。


意外と、
リモコン位置って重要ですよ!!
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...