スポンサーリンク

2014年9月18日木曜日

ノルスパンテープという貼付剤がトラムセットの代わりに処方された。

新しい記事 以前の記事

これまで、
鎮痛剤として定番の、
ロキソニン
ノイロトロピン
カロナール
などを、
処方されていました。



そして、
数年前から、

トラムセットというオピオイド?系の鎮痛剤が処方されていました。




ロキソニンは、
長期内服している方々もいらっしゃると思いますが、
胃腸系にあまり良くないです。

(もちろん個人差はあります。)


また、

鎮痛剤自体が腎臓にも影響を及ぼすこともあります。

(慢性腎不全:CKD)


他にもメジャーな副作用としては、
肝障害があります。



これまで、
できる限り耐えられる時は、
飲まないようにしていました。


飲む際には、
1つづつ追加していきました。


ロキソニンは、
食事(少し何か食べた時)後に飲むようにしていました。



ですが、
内服量が多いのが気になって、
先生に相談しました。



そしたら、
トラムセットより強力な鎮痛剤(鎮痛作用)があるという、

ノルスパンテープという貼付剤を処方されました。





  • トラムセット
  • ノルスパンテープ

どちらも、
オピオイドという系統?の薬のようです。
ブプレノルフィン:ノルスパン


そして、
胸や首の背中側、上腕外側などの、
はがれにくい所に貼るようです。


1度貼ると、

7日間貼り替えは不要のようです。



ただ、
効果が出始めるのが、
72時間後と添付紙に記載と薬局の方に説明を受けました。



噛みあわせ治療の際に、

痛みがあった方が良いのか否か…。
(現在は小康状態ですが、
やはり身体のバランスや噛みこむことが出来ない為、
再度歯科医医院に受診予定…。)



痛みがあれば、
当然無意識に食いしばってしまっているもしれません。



抗生剤の副作用があるので、
手術が簡単にできない…。


はたまた私自身も、

1度リンパ節生検で失敗されている為、

手術はできる限りしたくない…。
副神経麻痺


入院して、
チャレンジテストもしましたが、
大学病院の担当医からの返信は、
「できる限り命に関わる事でない限り使用しな方が良い…。云々」
とのこと…。
最近眠れない…。昼夜逆転気味…。チャレンジテストもしたが…。



いったいどうしたら…。
良いのだろう…。


これで通常の生活が送れるようになるといいのですが…。



日常って、
本当にありがたい…。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...