スポンサーリンク

2014年8月17日日曜日

LLC交換、冷却水交換。だがWAKO'sクーラントブースター注入

新しい記事 以前の記事

タイトル通り、
車検後になるのですが、
LLC・ラジエターの冷却水を4年間交換していなかったので、
50%希釈にて、
全量交換をしました。


ですが、
エア抜きもしっかりして、
LLCは、

スーパーロングライフクーラントにはしなかったものの、

新品のはず…。


希釈も通常は30%希釈でOKです。


ですが、
寒冷地仕様並に50%希釈にて交換しました。


希釈率は、
そんなに影響はないと思うのですが、
なぜか、

交換前より温度が5℃前後高くなりました。



しばらく走って、
エア抜きがてらにドライブをして、
冷ましてからサブタンク内の量を確認してみると、
若干減っていました。
(もちろん、その前にもA/Cオフにて温風MAXでエア抜きはしています。)



ということは、
その分、
新品のLLCはラジエター内に入っていっているということです。
(エア抜きの意味も込めて)


その後、

再度1時間ドライブ…。



温度を確認しながら…。


でも、
やはり、
交換前より5℃前後平均的に高い…。


これまでに、
LLC交換ではなくLLCの寿命と性能アップで有名な

WAKO'sクーラントブースターを2回程入れています。



その効果もあったのでしょうか。


キャビテーションも抑えられ
エンジンやウォータポンプの保護も、
より効果を発揮していたのだと思います。


何よりも、
現在の車種の前のLLCに無交換状態で、

WAKO'sクーラントブースターを使用した際に、

即効で効果を体感できたからです。



  • LLCの流れが良くなった感じと、
  • エンジンレスポンス
  • エンジン音


など、
静かになりました。


なので、
現在の車種においても、

交換後1年後に1度使用しその翌年にももう1度使用しました。


当時は、
温度計を積んでいなかったので温度自体は測れませんでしたが、
現在は車のCPUから情報を拾ってこれるようにしてあります。


なので、
温度変化を明確に見ることができます。


新しく交換したばかりですが、
WAKO'sクーラントブースターのレビューなどを見ると、

交換と同時に入れると効果的というような記載もあります。



まとめ


今回はスーパーロングライフクーラントではないので、
楽天ポイントも少々あるので、

楽天よりWAKO'sクーラントブースターを購入して、
投入してみようと思います。


やはり、
ケミカルで有名なワコーズ製品は素晴らしいのか!!
と実感させられたところです。

※クーラントブースター投入後以前のように戻ればよいのですが…。
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...