スポンサーリンク

2014年7月22日火曜日

ノートPCのHDD交換方法(ハイブリットHDD:SSHD)

新しい記事 以前の記事

えー、
つい先日に、

ハイブリットHDD(SSHD)にノートパソコンのHDDを交換しました。



その交換方法を記載しておきたいと思います。




10年位前は、
ノートパソコンのHDD交換なんてなかなかできないものでした。
(できない:難しいと思っていただけかもしれません)



メーカーにもよりますが、

意外と簡単に内蔵HDDの交換が可能です。


Windows98SE時代の、
SONY製ノートパソコンのVAIOのHDD交換を数年前にやったことがありました。

まだまだ、
HDD容量が12GBで大きい方でした。


Windows98SEとWindowsXPのデュアルブート環境でした。

HDDに空きがなくなったので、
その環境をクローン作成にて、
10倍の120GBに換装しました。


しかし、
CPUもメモリも既に限界値でHDDを交換しても、
何やら動きはするもののやけに発熱しました。


ほんの数日使用しましたが、
危険かなというのとスペック的に限界ということもあり、
HDD交換したもののほぼ未使用でした。


今回はまだ、
HDDには若干空きがあるものの、

Windows特有の使用しているうちに起動やら何やら、

全てが遅くなってきます。


ですが、
かといってリカバリするのも面倒くさい…。


それなら、
いっそのことHDDを交換して、

OSを新規インストールしようと思いました。


メーカーは富士通です。

富士通製品は、
意外とHDDの場所がわかり易く、
取り外しもネジ数本をプラスドライバーで外すのみです。


以前であれば、
(5年以上くらい前)

HDDの接続方式を確認してのHDDを購入しなければなりませんでした。

IDE接続なのかSATAなのか…。


現在は、
ほぼすべてのノートパソコン・デスクトップの内蔵HDDは、

SATAです。


ノートパソコンは2.5インチHDDが殆どです。
(薄型を除いて)


HDD交換で、
最大のメリットは容量アップですが、
最近のパソコンは殆どの場合かなりの容量があります。


ですが、
不足してきます。


また、
壊れてしまう場合もあり得ます。


そういった際の為に、

外付けHDDや外部メディアにデータは保存しておきましょう。



さて、
本題です。


交換方法


まずは、

  1. 電源コンセントを抜きます。
  2. バッテリーを外します。
  3. パソコンを裏返します。




写真では、
まだバッテリーを外していませんが必ず外しましょう。


そしたら、
内蔵HDDのある部分のネジを外して、
カバーも外します。



すると、
HDDが顔を出してくれます。





交換に夢中で、
内部の詳細写真を撮り忘れました。

(>_<)
(´゚д゚`)アチャー

でも、
他のサイトなどでも写真付きで詳しく載っていたりしますので…。_(._.)_


そしたら、

HDDを固定しているネジも外します。



すると、

SATA接続されている部分が外れるようになります。


IDE接続の時は、
外しにくい付けにくい。
そして、
プライマリだのセカンダリだのピンでHDD自体の設定もしなければなりませんでした。



SATAにおいては、


そのようなことは気にしなくて済みます。


また、
抜き差しも簡易にできます。



私が、
使用したハイブリットHDD(SSHD)は、

Seagate社のST1000LM014です。






以前も書きましたが、
Seagate社のものだと、

Acronis True Imageと同等の機能をもつ
SeagateDiscWizardが使用できます。


これが、
大きかったです。




そして、

組み立ててバッテリーと電源ケーブルを挿します。


そのまま電源を入れて、
待っていても一応BIOSまでは起動しますが、
それ以降なにもなりません。



なので、
電源ボタンを押してすぐにF2キーを押します。
(もしくは、F12キー)





するとBIOS画面になります。



CDブートで、
新規インストールなので、


ここで、

起動メニューでCD/DVDドライブを一番初めにします。


その後、
F10キーを押して、
BIOSを保存して終了します。


起動してくる前に、

リカバリディスクをCD/DVDドライブに入れておきます。


すると、
CD/DVDドライブから起動してくるので、
Windowsを新規インストールしていきます。



あとは、
Windowsの設定と、
自分の元の環境に戻していきます。
(これが意外と時間がかかる…。)



Windows新規インストール後の、

Windows Updateの数・・・。168個。



このアップデート更新だけで、
約3時間近くかかってしまいました。


しかも、
アップデートすると、
その後のアップデートも更にいくつか表示されます。


まずは、
Windows Updateを実施して、
セキュリティホールを修正しなくてはなりません。


その後、
ドライバなどもアップデートがあるものは、
できる限りいっぺんに実施します。


そして、
この度ハイブリットHDD(SSHD)に換装後の、

インデックスエクスペリエンスです。




ディスクのデータ転送速度」が、
ハイブリットHDDに交換したことで1.1も上がりました。



メモリは以前に、
16GBに交換しているので、
この中でも一番いい数値となっています。


しかも、
おそらくハイブリットHDD(SSHD)なので、
数値以上の体感速度があります。




まとめ


半信半疑だったハイブリットHDDでしたが、
パソコンの速度にこんなにも、
HDDが関わっていたなんて思いもしませんでした。


ハイブリットHDD(SSHD)は本当にオススメです。





スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...