スポンサーリンク

2014年5月8日木曜日

Exif情報削除方法、写真投稿時はExif情報(エグジフorイグジフ)に気をつけよう

新しい記事 以前の記事

当ブログでも、
いくつか写真を掲載しています。

その他のサイトなどでも写真ブログなどの場合には、

多くの写真が公開されています。



そんな時気になるのが、
デジカメ写真やスマホで撮った際のExif情報(エグジフprイグジフ)。


Exif情報とは、

デジカメ写真などで撮った写真にカメラの設定情報などが入っています。

以下詳細


  • 撮影日時
  • 撮影機器のメーカー名(製造・販売元)
  • 撮影機器のモデル名(カメラ付き携帯電話・スマートフォンの機種名など)
  • 画像全体の解像度
  • 水平・垂直方向の単位あたり解像度
  • 撮影方向
  • シャッタースピード
  • 絞り(F値)
  • ISO感度
  • 測光モード
  • フラッシュの有無
  • 露光補正ステップ値
  • 焦点距離
  • 色空間(カラースペース)
  • GPS情報 - GPS付きカメラの場合、緯度・経度・標高など。
  • サムネイル(160×120画素)

Wikipediaより引用):Exchangeable image file format - Wikipedia


こんなにたくさんの情報が写真の中には含まれています。
中でも、

重要なのがGPS付きカメラの場合のGPS情報です。


これは、
緯度経度がしっかりと記録されてしまっています。

などで、
撮った写真であれば、
ある意味公な観光地なので、
それ程気にしなくても良いかもしれません。


しかし、
これが、

自分の家やアパートなど自宅や付近での撮影となると話しは別物です。

この場合は、
下手すると自宅などを容易に特定できてしまいます。

Google Earthや、
Google Mapsなどで、

緯度経度情報を入力するとすぐにその場所が出てくるからです。


便利になった面のデメリットとでも言うべきでしょうか…。



そんなExif情報の削除方法を2つ紹介します。

以前より、
私は、
PCに新たにインストールするのは嫌な方なので、
レジストリを使わないフリーソフトで、
Exif情報の閲覧と削除できるものを使います。


まずは、
1枚1枚など少ないデジカメ写真などの、

Exif情報を削除したい場合におススメなフリーソフトは、



F6 Exif
というフリーソフトです。
F6 Exif ~EXIF編集ソフト~




上記サイトより、
ソフトをダウンロードして解凍すると以下の様になっています。
その中の、

実行ファイル(F6Exif.exe)をダブルクリックで起動。






起動画面は、

以下のようになっています。


この画像の黄色い所の、
ファイルを選択して該当する写真を選択します。


すると、
取り込まれます。

取り込まれると簡単なExif情報は上部に表示されます。

以下の様な、
より詳細な情報も見ることが出来ます。



そして、

Exif情報の削除方法です。


上記画像の様に、
編集をクリックし、
プルダウン表示内にあるExif情報の削除を選択します。



すると、
その写真のExif情報は削除されます。



次に、

多くの写真のExif情報を一括削除したい場合。


その時は、
Exif Eraserというフリーソフトを使用します。
Free EXIF Eraser

窓の杜からもダウンロードできます。
窓の杜 - 【REVIEW】指定したフォルダ内の写真ファイルからExif情報を一気に削除「Free EXIF Eraser」


こちらも上記同様に、

レジストリには関与せず起動し使うことができます。

ダウンロードして解凍したファイル内には、
Exif Eraserの実行ファイルしかありません。



ダブルクリックで起動します。

起動後画像



このような画面が起動してきます。

画像内に記載してあるように、
Selectにて、
該当フォルダを選択します。

その後、
左下の、
Erase押下で、

フォルダ内すべての写真のExif情報を削除してくれます。




※また、

元の画像をとっておきたい場合は、

backup original files
という所にチェックを入れてから、
Eraseを押下してください。


まとめ

以上です。

インターネットといういつでも誰でも見れるところに、
写真をアップする際には、
デジカメ(特にGPS機能付き)スマホで撮った写真の
Exif情報には気をつけましょう。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...