スポンサーリンク

2014年5月7日水曜日

ディープバイト、過蓋咬合…。

新しい記事 以前の記事

以前より、
噛みあわせ治療を実施しています。


深い噛み合わせ(ディープバイト)を、

改善する為に、
某歯科医院に通院治療中でした。


ですが、
以前の記事にもした通り、
何度も外れる
以前より噛み合わせが深くなっている…。

などなど、
諸々の事が重なり不信感でいっぱいとなり、
別の歯科医院にて診てもらいました。


もちろん、

噛み合わせが深いということは、

すぐにわかります。



このGW中に、

ディープバイトというキーワードで検索してみました。


そしたら、
多くの方々は、
何かしらの矯正治療を実施しながら、
深い噛み合わせ、

すなわちディープバイトを改善している模様…。


今度の歯科医院においては、
下顎の奥歯の高さを高くする為に、

両サイド4番以降をすべてクラウンにての入れ替え直し…。


それだけだと、
その後、
前歯が浮いてしまうような気がしてしまいます。

ですが、
こちらの言い分は…。

どうなのでしょう…。

深い噛み合わせには間違いないのですが、

いきなり、
まだ残っている自分の歯をすべて削り、
セラミッククラウンにて被せて高さを持たせる。

もちろん、
それも治療法なのかもしれません。


ですが、
小学生の頃、
永久歯に生え変わる時に、
上の前歯2本は乳歯がなかなか抜け落ちず、
永久歯が乳歯の上側から生え始めてきてしまい、
少し出っ歯気味になってしまいました。

そのようなことは鑑みての、

セラミッククラウンへの入れ替えなのでしょうか…。



ほとんど聞かずに、
あぁ、
深いね。

下顎を前にズラしてぇ…。
はいストップ!!

みたいな感じて、
何か前歯の隙間にゴム状のものを入れて、
バイト測ったから、
型取りします。

みたいな感じ…。

正中線は若干左向き…。

よって、

右側の顎関節がなんか抜けてしまうような外れてしまうような感じでした。


でも、
正中線は
そんなに気にしなくていいとの事…。


一度、
某歯科医院にて、
噛みあわせ治療を失敗して、

全身症状的にもかなりつらくなってしまっているし、

経済的な面もかなりの負担です。

でも…。
信じるしかないのかなぁ…。


まとめ

今度ダメなら…。
いっそのこと…。

などと、
ネガティブな思考になってしまいます…。


どうかうまくいきますように…。
本当につらいから…。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...