スポンサーリンク

2014年5月20日火曜日

犬歯誘導の仮歯でのとりあえず咬合だけどとても重要!!

新しい記事 以前の記事

先日右上3番の犬歯の仮歯が外れてしまった事を、
記載しました。
仮歯が外れる…。またまた仮歯が外れた。何度目だろう…。



歯科医院行くべきか否かを少し迷いましたが、

噛み合わせにとても重要な犬歯誘導部分なのと辛いすぎるので、

やむなく伺わせて頂きました。


忙しい中、
受付の方なども対応はとても良いのですが、
流石にほぼ毎日のように行っている私への思いがちょっと気になるところではあります。

だ・け・ど、
しょうがないじゃん。


患者は、
つらいんだもん…。


結構耐えて我慢して電話して行ってるよ。
ちゃんと!!

でも、
院長先生は、

とても器の大きい先生だと感じました。



今日の午前中に急遽診療してもらったのですが、
芯自体から折れて仮歯が取れてしまっていた状態でした。


なので、
芯から作って仮歯を作成…。
の予定が、
調整中に仮歯がドリルの勢いで何処かに吹っ飛んでしまいました。

しょうがないので、
新しい仮歯(TEK)にて作成してもらうことになりました。

芯の


  • 角度、
  • 強度、


共にバッチリでした。


だけど、
帰り途中から、

首から肩腕にかけて力が入りにくくなってきて、

シビレ始めたり、
顔面右側が痛いというか違和感があり、
耳もおかしくなりそうになりました。

脚もうまく動かせなくなってしまい最悪歩けなくなってしまうのでは…。
と一抹の不安がよぎりました。


鎮痛剤とかも飲みましたが、

痛いとかでなく神経関係になるのでしょうか…。



痛みは若干良くはなりましたが、
動きやしびれ感などは徐々に悪くなっていきました。

短時間で…。


耐え切れずに電話で犬歯の高さと角度?が…。

と伝えたところ、
若干いつも出る受付の方とは違う人が出てちょっと愛想ない感じで応対してもらいました。

で、
時間通りに再度伺い、

院長先生に診てもらいました。
そしたら、
「うん、いいよいいよ。高い低いとか調整とか気にしなくていいよ。どんどん言っていいよ。」


犬歯は大事だから微妙な事で変わるから。

とのことで、
とても安心しました。

ちょっと当たりが強いのと、
高過ぎて…。
舌側側が薄い感じです。

と伝えました。


犬歯誘導とは、


【Oral Studio歯科辞書】歯科辞書用語『犬歯誘導咬合(ケンシユウドウコウゴウ)』の解説
犬歯誘導咬合 ...



そしたら、

「よくわかったねぇ、午前中ちょっと仮歯モッたんだよぉ」

との事。

まぁ、
犬歯誘導が大事だから低すぎるよりは、
高さがあれば後で削って、
調整すればいいことだと思ってくれたのでしょう。

でも、
数時間で顔面から下半身の方まで動きやらシビれやら、
結構きつかった…です。

でも、
院長先生は、

嫌な顔せずちゃんと調整してくれました。


まだ、
若干高くて犬歯誘導が強い感じですが、
仮歯だし、
少しづつすり減っていくのではと思っています。

ただ、

夕方頃はお言葉に甘えて明日もう一度伺おうかと考えていました。


でも、
今は、

若干慣れたのか少し高く犬歯誘導が若干強い感じですが、

なんとか今の所耐えられそうです。

やっぱり、
患者側は、

絶対的弱者なので少しは遠慮というか気を使っちゃいますよね。


でも、
本当にいい先生に出会えて良かった。

明日の朝、
歯根部分などに痛みなどがなく、
調子も良いといいのですが…。


お願いだから調子の良いままでいてください。
スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...