スポンサーリンク

2014年4月29日火曜日

Sleipnirで翻訳する方法

新しい記事 以前の記事

昨今、
Sleipnir4においても、
Sleipnir5においても、

デフォルトのレンダリングエンジンがBlinkの場合でも、

翻訳しますか?
というポプアップが上部に表示されますが、
全く翻訳されません。


そこで、
他の方法ですが、

Sleipnirでもページ翻訳させる方法を備忘録として残しておきたいと思います。


まず、
いつもの様に英語などのページ、サイトにいくと、
以下の様になります。


URL:https://www.google.com/safetycenter/



黄色で強調した部分が表示されます。
が、
Blinkのシバリなのか、
Sleipnirのバグなのか定かではありませんが、
翻訳されなくなってしまっています。


そこで、

Google翻訳サービスのブックマークレットを利用します。

翻訳ブラウザ ボタン



すると、

ブックマークバーに「日本語」というブックマークレットが追加されます。



英語サイトなど海外のサイトで翻訳したい場合は、
そのブックマークレットをクリックすると、
ページ全体が綺麗に翻訳されて表示されるようになります。



若干見にくいですが、

その際の一番上のサイトの翻訳画像です。





なお、

Sleipnirでドラッグ&ドロップがうまくいかない場合は、

何かをお気に入りのブックマークバーに登録して、
そのブックマークの上で、
右クリックしプロパティを表示させます。



その中の、
URLの部分に以下のソースを記入すると、

javascript:var t=((window.getSelection&&window.getSelection())||(document.getSelection&&document.getSelection())||(document.selection&&document.selection.createRange&&document.selection.createRange().text));var e=(document.charset||document.characterSet);if(t!=''){location.href='http://translate.google.co.jp/?text='+t+'&hl=ja&langpair=auto|ja&tbb=1&ie='+e;}else{location.href='http://translate.google.co.jp/translate?u='+encodeURIComponent(location.href)+'&hl=ja&langpair=auto|ja&tbb=1&ie='+e;};

上記と同じブックマークレットになります。

参考サイト≫カロシーのブログ Google Chromeの翻訳バーを無効にしてページ翻訳

翻訳したいページで、
ブックマークバーの該当ブックマークレットを、
クリックすると、
ページが翻訳されるようになります。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...