スポンサーリンク

2014年4月30日水曜日

IEの脆弱性 XPにも特例のセキュリティパッチ提供の可能性も

新しい記事 以前の記事

先日、
投稿した記事で、
IE全てのバージョンで脆弱性発覚 WindowsXPの対処法は

IEの脆弱性が発覚して、

緊急のセキュリティパッチを施工する可能性を示唆しているMicrosoft、

もしくは、
月例パッチにて施工する。


とされていますが、
4月9日(4月8日)にサポートが終了したWindowsXPに対しても、

特例でセキュリティパッチを提供する可能性も…。



世界中で、
WindowsXPを利用している数は測り知れない程いる現状で、
世界の、

インターネット社会に影響を及ぼす可能性は多大であると考慮したのか…。


企業としては、
ある意味当たり前なのかもしれません。

ですが、
サポートを終了したOSもしくはアプリケーションに対しての、
提供はメーカとしても、
苦渋の選択でもあることに変わりはないと思います。


しかし、
このままサポート終了したからといって、
放置してしまうのは、

世界最大のユーザ数を誇っているMicrosoft社製OSの、

WindowsXPもしくは、
WindowsOS

このまま放置してしまったら、
社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)を、
ある意味放棄したことにもなり兼ねないと思います。


これまでも、

Microsoftは社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)は、

果たしてきてはいると思われます。


ですが、
今回のIE脆弱性に関しては、
あまりにも影響が多大と言えると思います。


そこで、
Microsoft社も鑑みて検討し直されるのでしょうか。


マイクロソフトが方針を転換し、特例としてXPにパッチを提供する可能性もある。同社はコメントを求める取材にすぐには返答しなかった。
 マイクロソフトはセキュリティー情報提供サイトで「調査が終わり次第、適切な対策を取る」と述べた。

引用元)
http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303709304579528930136960654.html


是非とも、

このインターネット社会の秩序とセキュリティ面に関して、


ある意味の、
社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)を、
果たしてもらいたいと願います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...