スポンサーリンク

2014年4月25日金曜日

噛みあわせ、バイトアップ治療、大丈夫かなぁ…。

新しい記事 以前の記事

(若干お粗末な投稿になっているかと思われます…。)

先日、

噛みあわせ治療とバイトアップに関する投稿をしました。



噛み合わせ心身共にとても重要な関与があると思います。


にはもちろん、
にも、
背中にも、
にも、
にも、
にも、
にも、

身体の各所に影響を及ぼします。


実感、経験。


現在の噛み合わせなどは、
それまでの食事や習慣や癖など様々な影響を受け形成されます。
ですが、
これまでに虫歯などがなく、
自然とそうなった場合であれば、

理想的な歯並び(噛み合わせ)と実際の歯並び(噛み合わせ)は近い閾にあります。


ほとんどの人が、
虫歯経験があると思います。


虫歯が無いという方、
虫歯がなかったという方は、
ほとんどいらっしゃらないと思います。


その人に合った噛み合わせ歯並び)は、
多くの場合自費診療になると思います。

高い自費診療なので、
患者側は期待します。

それに、

歯科医院、歯科医側も相応に答える義務があると思います。


全部の歯型を取って、
全部の歯を、
セラミックゴールドなど自費診療の歯に変えること薦めてくると思います。

しかし、
それが正しいのでしょうか。

また、

保険診療の際や定期検診時などの際は、

多くの場合元々の歯の高さより低めに作られてしまうようです。

その繰り返しで、
歯の高さが徐々に低くなり、
その人のある意味健康的な生活を送る上での閾値を超えてしまうと、
様々な症状、不定愁訴など現れてしまうとのことのようです。

今後、
全体的にやり直したほうが良いのか否か…。

経済的(金銭的)な面なども考えなくてはならないので、
とても苦慮しています。

早く普通に食事が摂れるようになりたい…。
早く健康になりたい…。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...