スポンサーリンク

2014年3月2日日曜日

Sleipnir4設定ファイルとキャッシュの場所とバックアップ

新しい記事 以前の記事

Sleipnir4は、

とても使いやすく私のメインブラウザになっています。


そこで、
時折何か調子が悪い?!
と感じることが長年使用していると思いことがあります。


しかし、
Sleipnir4には、

Sleipnir2かSleipnir3にあったメンテナンス項目がなく、

修復が出来ないです。


これまでの設定や、

  • 一時フォルダのキャッシュ、
  • Cookie
  • タブ状況

など

を調子を改善するために、

再インストール後にそのまま以降できると良いと思い検証してみました。



Sleipnir2の頃だったか、
Sleipnir3の頃だったかは、
忘れてしまうましたが拡張機能などをいくつか入れていました。

ですが、
その設定を再度するのは大変ということで、
プログラムファイルの中の、
Sleipnirに関するフォルダをすべてコピーにてバックアップして、
再インストール後や、
他のPCにインストール後上書きにて設定自体をインポートしていました。


その経験を元にSleipnir4において、

何処に設定ファイルや一時ファイル、
Cookieなどの情報が保存されているのか確認した所、
以下のパスに保存されている模様でした。

細かく言うと、
まず、

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Fenrir Inc\Sleipnir\setting\client

のフォルダ全体とuser.iniファイルに、
Sleipnir4の、
デフォルト検索エンジンをGoogleに変更した内容のファイルがあります。



ここに、
上記のファイルやextention、
pluginなど様々な設定情報ファイルが保存されています。


他に、

以下にも保存されているようです。


C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Fenrir Inc\Sleipnir\~temp


しかし、
よく考えると、
上記フォルダパスよりも上位(上層フォルダ)の、

以下パスのフォルダ内にすべて入っていることがわかります。


C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Fenrir Inc\Sleipnir


よって、
一番下のフォルダパス以下のものを、
すべてコピーして別の場所にバックアップしておき、
再インストール後に同じ場所に上書きすることで、
これまで使用していた環境(設定)が再現されることになります。


Sleipnir4の調子が何かおかしいと感じたりした場合などに、

これまでのextentionplugin
拡張機能などの設定を、
そのまま使用したい場合などには上記の方法にて、
Sleipnir4再インストール後にすぐ元に戻せるようになります。

Sleipnirが、
ちょっとおかしいな?
と感じた際にお試ししてみると良いと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...