スポンサーリンク

2014年2月27日木曜日

PM2.5がもの凄い…福岡市ではPM2.5ダイヤル設置。花粉症と相乗効果で症状が増悪

新しい記事 以前の記事

まず初めにPM2.5とはですが…。

PM2.5の「PM」というのは、

Particulate Matter、particulatesの略です。

そして、
マイクロメートル (μm:10^(-6)m) の、
大きさの固体や液体の微粒子のことをいいます。


要は、
とてもとても小さな粒子です。

このPM2.5の発生メカニズムとしては大きく2通りです。


  1. 燃焼により排出される場合(直接排出)。
  2. 車の排気ガス等にも含有するSOx:硫黄酸化物、NOx:窒素酸化物などのガス状汚染物質が化学反応で粒子化する場合。



主な発生源としては、


  • 焼却所など煙を出す施設、
  • 鉱物などの粉塵を発生する所、
  • 飛行機

などです。


他にも、

自然界起因としては、

メジャーなものは、
火山からの発生でしょう。


なので、
人工的なものばかりでPM2.5が発生してしまっているわけではないということです。



ですが、
今騒がれているのは、

大陸由来の主に人工的に発生させてしまっているPM2.5です。

これは、
地球は1つということを改めて痛感させられてしまいます。

発生源は自国でなくとも、
海を超え、
山を超え、
日本への飛来の多くは偏西風に乗り、
日本の大気汚染に繋がってしまっています。

しかも、
尋常じゃないレベルの地域もあるようです。

つい1・2週間前は、
大雪のニュースで歴史的な大雪に見舞われたかと思ったら…。
少し暖かくなると花粉の飛来PM2.5の飛来…。


雨が降ると、
雨によってPM2.5が下に落ちるので、

雨の日は晴天の日より大気汚染濃度は下がると思います。

ですが、
その後の晴天
ましてや風が吹いた場合などは、
下に落ちたPM2.5が舞い上がってしまうおそれもあります。



ここまできて、

PM2.5がなぜ人体(身体)に悪いのか?

ですが、
上記したとおり2.5×10^(-6)というとても小さな粒子(微粒子)です。

なので、
大気に含まれるPM2.5呼吸とともに吸い込むと、
細かい粒子(微粒子)なので気管・気管支を通り越して、
肺の奥(肺胞)まで達してしまう可能性が非常に高いということです。

その取り込んでしまったPM2.5は、
発がん性気管支喘息の増悪肺炎など、
人体に様々な影響を起こしかねないということです。



自治体によっては

『PM2.5ダイヤル』なるものを開始された所もあるようです。

福岡市の
「PM2.5ダイヤル」(TEL:050-3000-2500)
※(5月31日までの試験的運用だそうです。)

市長の会見もupされています。
(少々長いです40分くらい)




埼玉県では、

PM2.5など大気汚染情報をメールでお知らせするサービスを実施しているようです。

埼玉県大気汚染速報


また、
全国的にPM2.5の飛び具合がわかるサイトもあります。
大気汚染PM2.5予報


まとめ

今回のPM2.5主な発生源となっている国名は記載しませんが、
日本でも、
高度経済成長時代には、
多くのPM2.5を発生させていたのでしょう…か。
公害病として認定された○○○喘息などもあるくらいですから…。


今後、皆んなの地球。
人間だけでの地球ではありません。
そんな地球環境を綺麗に保ち続けながら共存共栄で、
歩んでいけるようにしたいですね。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...