スポンサーリンク

2013年11月17日日曜日

AdobeなどのプラグインアップデートにChromeがプリインストール設定済み

新しい記事 以前の記事

先日、

Adobe Flashプレイヤーのアップデート通知が表示されたので、

通常通りアップデートを行いました。


しかし、
最近良く感じるのですが、

  • Adobe Flashプレイヤー
  • Shockwave
  • Adobe Reader
  • Skype(スカイプ)
  • Java
  • など。

現在のホームページを普通(通常)に見る為には、

様々なプラグインが必要になっています。


そこで、
各々のプラグインアプリケーションにおいて、
随時アップデートがあります。


そのアップデートの際、

よく分からない人は、
そのまま成すがままにアップデートを実施してしまうと思われます。



今回、

私自身Adobe Flashプレイヤーのアップデート通知にて、

Adobe Flashプレイヤーをアップデートしましたが、
その際の詳細確認を見落としてしまうと、

  • 標準のブラウザ設定
  • Chromeのインストール
  • 既定のスタートページの変更
  • など


が勝手になされてしまうところでした。

その際のスクリーンショットです。




まず始めに上記webが表示されました。



そこで上記の様に、

現在のPC環境の設定変更がされない様に変更しました。


色々(様々)なプラグインアプリケーションがある中でよく確認してから、
アップデートインストールをしないと現在のPC環境の設定が、
勝手に変更されてしまう可能性もがあります。


アップデートやアプリケーションのインストール時には、

オプションなどで、
何か選択可能か否かの確認をするようにしましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...