スポンサーリンク

2013年8月16日金曜日

最も速いDNS設定googlepublicDNSをも凌ぐ129.250.35.250

新しい記事 以前の記事

DNSの速さで有名なのは、

2009年にGoogleが公開したGoogleパブリックDNS


  • 8.8.8.8(プライマリDNS)
  • 8.8.4.4(セカンダリDNS)


Google、無料DNSサービス「Google Public DNS」発表 - ITmedia エンタープライズ
Google Public DNS、世界最大のパブリックDNSに - ITmedia ニュース



ですが、

これをも凌ぐ速さのDNSがありました。


それが以下の

NTT America Technical Operationsの



  • 129.250.35.250(プライマリDNS)
  • 129.250.35.251(セカンダリDNS)


です。



設定方法は、

多くのwebやブログなどにてあると思いますが、



こんな感じの画像と共に、


や、



こんな感じの画像です。


これまでは、
私もこの様に設定していました。




ですが、

私は、

PCのローカルのみで設定するのではなく、



  • 光回線
  • ADSL回線


など、

大元のルータにて、

DNS設定をすればそれ以後に接続されるPCなどすべてに、

速いDNSサーバ設定が反映されるだろうと考えました。



そして、
大元のルータのプロバイダの接続設定にて、
DNS設定をしてみました。




『設定方法』


通常大元のルータのIPアドレスは、
192.168.1.1
です。

なので、

ブラウザのアドレス入力欄に、


192.168.1.1

を入力して各々のルータにて、
ユーザ名(もしくはユーザID)、
パスワードが要求されると思います。


それは、
ご自分で設定したものか初期設定のもので、
ルータ管理画面にログインして下さい。

こんな感じの画面になると思います。


私の場合は、

大元のルータ型番:PR-400MI

なので、

以下の様な画像になります。




ログイン後は、

ルータの型番や光回線なのかADSL回線なのか…。

ルータの種類や型番によって、
設定方法(確認方法)が異なると思います。


それぞれに合ったDNS設定を行って下さい。



設定後、



この様にします。



そうすることによって、

1台1台のPCの設定はしなくて済むことになります。


これまでPC1台の、

ワイヤレスネットワーク接続のプロパティ
(もしくはローカルエリア接続のプロパティ
IPv4のプロパティ
DNS設定



にて設定をされていた方々などは、
この方法で、
大元(ルータ)からの設定で、
より速いDNSサーバを選び設定されてみてはいかがでしょう。


PCでもプロバイダにて自動取得されているよりは、

多少早く感じると思われます。




また、
iPhoneなどモバイルにおいては、
より体感されるようです。

iPhoneなどの設定方法については、
以下を参照してみてください。

[N] iPhoneのWiFi接続を高速化する魔法の数字「8.8.8.8,8.8.4.4」


『参考サイト』⇒速度検証結果サイト

「8.8.8.8,8.8.4.4」より速い「129.250.35.250」: 小粋空間
undefined ...
スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...