スポンサーリンク

2013年7月20日土曜日

エアコンが臭い場合の対処法 簡単にエバポレーター洗浄

新しい記事 以前の記事

車のエアコンも、

家のエアコンと同じくエバポレーターという装置が付いています。



  • エバポレーターは、
  • 冷房時には冷えてその周囲の冷えた空気を車内に送ります。

  • 暖房時は、
  • その逆で暖めた空気を車内の送ります。



空気を送る役目は、
ブロアファンというファンが回転して空気を送風します。




しかし、

車のエアコンの臭いは、

エアコンフィルター交換したくらいでは、

取れないことがほとんどです。




そこで、

大元から洗浄してあげないと臭いは、

いつまで経っても臭うままです。



今回使ったのは、
これです。





車種によって取り付けられている位置が多少異なりますが、
エアコンが付いている車には必ずあります。


多くは、

助手席側からアプローチ可能です。



今回は、
JZX110系マーク2・ヴェロッサ・マーク2ブリットなど、
型式が:JZX110系といわれるものについてです。



私は、
購入当初助手席のグローブBOXを外して、
エバポレーターが見えるくらいまで分解して、
家庭用エアコン洗浄剤を使用して、
エバポレーター洗浄をしていました。



ですが、
何度かやるうちに要領を得て、
助手席側グローブBOXは外さなくても
ブロアファンのみを外して


エバポレーターまでエアコン洗浄スプレーを届かせることができる事に気づきました。


これは、
結構大きなことです。



JZX110系は、
ちょっと手強いとちょっとだけ有名でしたから…。

最初は、
確かに手強い…。

と感じました。


しかし、
今回の方法は、

ネジ3つ外すだけですぐにエバポレーターにエアコン洗浄スプレーをかけて、

綺麗にすることができます。



『具体的方法』


まず、
外す部分のネジですが、
以下画像の部分のネジです。


助手席のグローブBOXの下側を
覗きこむとこの様になっています。



そして、
該当のネジを3つ緩めて外します。
(変なねじ山になっていますが、マイナスドライバーで外すことができます。)



そして、
外した際の画像は以下です。



エアコンフィルターが見えます。


以前は、
グローブBOXを外して、
これらブロアファンモーターASSYを一式外して、
エバポレーターにアプローチしていました。


ですが、

今回は、ネジ3本外すだけです。


この状態で、
車の中央寄りにエバポレーターが付いています。

なので、
ブロアファンを外すと右側に繋がっているダクトがわかりますので、
そのダクトの奥に目的のエバポレーターがあります。



目的のエバポレーターは、
以下の様になっています。



さすがにすべて外してないので、
デジカメで手を挿入しての撮影です。


よぉく見ると、
黒く(黒カビ?)汚れています。

また、などもあります。


これらがエアコン効率も弱めるし、

なんと言っても臭いの元になります。


これをエアコン洗浄剤を使って綺麗にします。


ブロアファンを外して、
エバポレーターは右側にあるのはわかっているので、
デジカメなどを使って、
ある程位置を確認しておきます。


おおまかで大丈夫です。


確認したら、

ダクト内を通してエアコン洗浄スプレーを、プシューっと噴射します。



しばらく噴射しっ放しにします。



室内エアコンも排水管があるのと同じように、
車にもあります。


車の場合は、
下部より排水されます。


しばらくすると、

車の下部より噴射した液が排水され始めてきます。

(車の下部より洗浄剤と共に汚れが落ちてきます。)


落ちきるのをしばらく待って、
あとは、
たったネジ3つで外したブロアファンを同じように取り付けて、
コネクタを繋いで終了。


ただ、
まだ中は洗浄剤で濡れているので、
送風状態

  • エアコンダクト内
  • エバポレーター自体

乾燥させます。




最初は、

外気循環にして温度を一番低くしてファンはMAXで回します。


5分くらいしたら、
今度は、
外気循環から内気循環に切り替えて、
同じく5分くらいMAXで回して

エアコンダクト内とエバポレーターを乾かします。



洗浄後のエバポレーター
こんな感じです。



洗浄前の画像と比べると、
一目瞭然です。


エバポレーターの銀色部分が、
綺麗に反射して写っています。


まだ、
完璧には綺麗にはなっていませんが、

これだけで十分にエアコンの臭い・カビ臭などは取れました。


そして、
試運転しながらエアコンをつけたり消したり、
外気循環に切り替えたり内気循環に切り替えたりして調子を確認します。


臭いも全くなくなりました。



エアコンフィルター交換だけでは多くの場合、
臭いまでは取れません。


皆さんも、

ご自分の車のエアコンがなんか臭う…。



と感じてらっしゃる方は、
エバポレーター洗浄をしてみてはいかがでしょうか。


なお、
DIYになりますので自信がない方は、
(お金はかかっちゃいますが…。)

ディーラーや町工場にお願いして見るのもありだと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事が気に入ったらいいね!
お願いします(#^.^#)

↓↓↓

最新情報をお届けします

言えないことはTwitterで!!


こんな記事も書いてます



関連性の高い記事


0 コメント:

コメントを投稿

次の投稿 前の投稿 ホーム
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...